2019年05月10日

いちご栽培におけるリモニカスカブリダニの利用

一昨年より、いちごでのアザミウマ対策にリモニカスカブリダニの放飼試験の調査を手伝ってました。
10月末にリモニカスカブリダニ製剤「リモニカ」を2本=25,000頭/10aを放飼。
それから、約2週間おきに各区100株/10aの1複葉(中位葉)と花に寄生するスリップス類とリモニカスカブリダニの頭数を数えました。
併せて、チリカブリダニ「スパイデックス」とミヤコカブリダニ「スパイカルEX」あるいは「スパイカルプラス」の効果確認も行いました。

で、本日、2シーズンに渡る調査がめでたく終了。
詳細な成績発表は、試験主体である農林事務所さんが全国農業システム化研究会にて行いますので、拙ブログでは簡単に。

「リモニカ」、効果高いです。
本試験では(ココ重要)、リモニカを放飼後、スリップス対象に化学農薬の散布なく4月下旬まで発生を抑えることが出来ました。
4月中旬から花へのスリップス類の寄生が増え始めゴールデンウィーク前後に花びらの汚れが増えてきましたので、リモニカスカブリダニに影響の少ない農薬の散布で対応してもらいました。2シーズンとも同じような状況でしたので、リモニカスカブリダニの秋放飼で、スリップス防除はかなりの省力化になるでしょう。
他の圃場(こちらは試験ではない)でも同じような推移ですので、「効果あり」と言い切れます。
ただし、手放しでOKではないですよ。
放飼前には、ハダニ対策同様に化学農薬の散布を行い「ゼロ放飼」が必要です。
また、春の放飼では、あまり評判がよろしくないようですね。

圃場を提供頂いた農家さんからは、
「こりゃ楽だ。」
「スリップスだけじゃなく、コナジラミも出なくなっていいね。」
とコメントを頂きました。
他にもコメントを頂いてますが、大人の事情で割愛。
登録外の害虫に対するコメントなので書けないです。

今回の試験では、ハウスまわりの防草シートと赤色防虫ネット「サンサンネットe-レッド」「サンサンネットクロスレッド」も使用しております。
春季の飛び込みも少なくするって事が重要ですね。

4月下旬以降の発生を抑えることについては、
この圃場では、「スリップス対象に化学農薬の散布を行っていない」のが一因と考えられます。
3月下旬〜4月上旬に、殺菌剤の散布時に併せてリモニカスカブリダニに影響の無い薬剤を散布すれば、いいのではないかと思います。
担当された農家さんは、「3月上旬くらいにリモニカを追加放飼しようかな?」とおっしゃってましたが、コスト的にいいのかな?
ま、それほど気に入って戴けてるって事ですけどね。

リモニカの試験については、新しい圃場で継続していきます。
その前に、苗床での試験調査です。
posted by Joe夢 at 22:15| 静岡 ☀| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

WebShop商品の追加

SavegreenWebShopに商品を追加しました。

以前、掲載されていたのですが、訳あってしばらくの間、非公開となっていました。
今回、改めて掲載です。
有機JAS農産物でも使えるBT剤の中で、一番安価になったと思います。
sabrina01.jpg

モグラ捕獲機です。
モグラの通り道の上に仕掛けて捕まえます。
穴の中でグサっとやっちゃいますので、そのまま埋葬ですね。たぶん。
(あんまり想像したくない)
BtypeNo151_01.jpg

posted by Joe夢 at 15:02| 静岡 ☀| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

農業用ドローン

4/3 農薬安全協静岡県支部の定例会に出席してきました。

既に半分が終わった今年度ですが、例年通りに6月から農薬危害防止運動が行われますので、それに向けた活動の確認と、新規事業の打合せが行われました。
そして、勉強会。
今回は、農業用マルチローター(ドローン)について、講演を聞きました。

最近?流行りのマルチローター(ドローン)ですが、無人航空機として航空法に定められています。農薬(肥料)散布や生育調査(リモートセンシング)にに利用される機体は、機種それぞれにおいて技能教習・講習を受け技能認定された者でないと利用できません。また、無人航空機から”物(水も含む)”を投下したり、第三者または第三者の物件(電柱だったり土地だったり?)との間に距離30mを保って飛行させるのには、国土交通大臣の承認を受けなければなりません。(一般に売られている200g以下のおもちゃのドローンはその対象になりません。)
なので、ネットで購入した(出来てしまうみたいですね)マルチローターを、自分の畑の上だからって勝手に飛ばして農薬や肥料を散布するのは航空法違反になります。
過去にもSNS上で、そのような書き込みが見られましたが、大丈夫だったんだろうか?
なんて話を聞いてきました。

からの、懇親会では、講師を交えて、いろいろ裏話的なこともお聞きして、とても勉強になりました。

例年、安全協の会合は静岡市内で行っていたのですが、今回は初めて袋井で開催されました。
で、二次会は我慢してJRで帰ったのですが、清水駅に到着し、「終バスまで時間に余裕があるから」とりトイレに寄ったりのんびりしてたら、4/1からバス発車の時刻に変更があったんです。年度末までよりも、6分も早くに終バスが発車。
で、見事に乗り遅れました。
「うん、これは寄り道して帰れ」って事だと都合のいい方に考えて、ちょっとだけ遠回りで歩き始めたのだけれど、目当てのお店が、暖簾が仕舞ってあったり、外看板の灯りが消えてたり、、、最後の頼みの(同級生がやってる)店は「店主が体調不良の為休業」だって。(泣)

仕方なく歩いて帰宅へ。
そうだ、明日の通勤の為に、会社の倉庫に寄って自転車に乗ってかえ、、、
「酒飲んでるから乗れないじゃん。」

自転車を押して帰りました。

悔しかったから、家で一杯(あれ?二杯だったかな?)やって寝ました。
56517100_1979875425444149_4443482695250477056_n.jpg
posted by Joe夢 at 22:10| 静岡 ☀| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

VA菌根菌;新商品入荷しました。

出光興産(株)の「バイオポンプP」が終売になって、小ロットで利用できるVA菌根菌資材がなくなっていましたが、
(株)松本微生物研究所の「育苗用G2」が入庫し、SavegreenWebShopに掲載しました。
記事の題名には「新商品」と書いてありますが、松本微生物研究所さんで発売してから数年経ってます。

DSCN7023.JPG

育苗用G2は、オーレス菌(有用細菌、放線菌、糸状菌などの根圏微生物)とアーバスキュラー菌根菌(VA菌根菌)が配合されており、両者の相乗効果で
健全な苗作りに貢献いたします。

1kg入りですので、培土30〜100L分、もしくは苗250〜500株分相当のサイズですから、農業者のみならず、家庭菜園を楽しまれている方にもお薦めです。


にしても、アルミ袋の撮影は難しい。
今回は、銀の部分が白っぽくなるように撮ってみました。


で、最近いただいているのが、「紫の英君うすにごり」
ここ2〜3年の、この時期のお楽しみです。
DSC_0937.JPG
とても優しい味わいなのですが、
生原酒なので17度あって、けっこう酔っ払います。
posted by Joe夢 at 15:23| 静岡 ☀| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月04日

誠に申し訳ありません。

お客様、お取り引き業者様、並びに私の会社のメールアドレスをご存知な方各位

大変申し訳ありませんが、3/1以降メールサーバーに問題が発生している疑いがあり、私のところにEメールが届かない状況となっております。
PCのメーラーだけでなく、紐づけしてあるGmailでも受信できていません。

大変申し訳ありませんが、電話・FAX、または会社のメールアドレス supportあっとsavegreen.co.jp 宛にご連絡頂けます様、お願い申し上げます。


3/4 11:30 復旧しました。
皆様、お騒がせしました。
posted by Joe夢 at 10:53| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月09日

マイキラーL

新商品、ナメクジ防除のメタアルデヒド剤「マイキラーL」

今まで販売しておりました「マイキラー」は劇物となってしまってましたので、ウェブショップでの販売を控えておりました。
そんな中、昨年夏に新規登録された「マイキラーL」は、有効成分の含有量を下げることで普通物となりました。
それが、やっと発売になるということで、メーカーのサンケイ化学さんがパンフレットを持ってきてくれました。

mykillerl_ページ_1.jpg

mykillerl_ページ_2.jpg

作物によって希釈倍数が異なりますが、200〜400倍で散布します。
「みかん、かんきつ、キャベツ、レタス、非結球レタス、花き類観葉植物」は、作物に直接かけてOK。
他の「ナメクジ類、カタツムリ類が加害する農作物等」(って、被害のある作物なら全てOKってこと)には、作物にかからないように土壌表面に散布します。

粒剤タイプのナメクジ剤と違って、希釈液を散布することで広い面積に有効成分が処理され、確実にナメクジ類カタツムリ類に付着します。
有効成分のメタアルデヒドは、ナメクジの経口吸収、接触吸収のより速やかに効果を発揮し、腹足部(匍匐するために足裏の発達した筋肉質、身体の周りのヒダヒダ)の筋肉が収縮して動けなくなります。そして、大量の粘膜物質を出し、身体が収縮して死にます。
メタアルデヒドを吸収してすぐに動けなくなりますが、死ぬまでには1日くらいかかるそうです。
また、直接ナメクジに薬液がかからなくても、散布後1日くらいは散布した場所を歩けば効果が出るとのこと。
(逆に言うと、残効は1日くらいということですね)

お値段は、従来のマイキラーの半分くらいになりそうです。(2/9現在、決まっていません)

入荷しましたら、SavegreenWebShopでも販売する予定です。
posted by Joe夢 at 11:25| 静岡 ☀| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月02日

写真撮影

SavegreenWebShopに掲載している、「タフブロック」の商品画像を更新しました。
今まで載せていた画像はちょっと暗めで、パッと見た時に「印象が良くないかな?」と思い、
思い切って撮影し直してみたのです。

tahb100.jpg

それで、いつも苦労するのが、アルミ袋の光の反射です。
照明機材にお金をかけてないとダメかな?
posted by Joe夢 at 15:24| 静岡 ☀| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月19日

スワルスキーの露地栽培での利用

スワルスキー・スワルスキープラスの露地栽培での登録の使用方法に、
「放飼後の厳冬期の月平均気温が10度を下回る地域」
という文言が記載されていました。

気象庁のウェブページで過去の気象データを調べたところ、
静岡県内においては、12〜2月の各月の平均気温は10℃を下回りますのでいいのですが、
鹿児島県の島々や、伊豆諸島の南の方の島では、厳寒期の月平均気温が10℃以下にならないために、
残念ながら使うことが出来ないところがあるようです。
posted by Joe夢 at 15:58| 静岡 ☀| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月17日

追加登録

1/16に、スワルスキーカブリダニ製剤の「スワルスキー」が、
野菜類、豆類(種実)、いも類で、(露地栽培)の登録が追加されました。


スワルスキープラスUMも(露地栽培)が追加されていますね。

キュウリやピーマンの施設栽培で利用が進んでいる「スワルスキー」ですが、
野菜類(露地栽培)とかですと、どんな作物に利用されていくのでしょうか?

いろいろ考えてみたいと思います。
(って、まだこれから考えるってことですよ。)
posted by Joe夢 at 10:00| 静岡 ☀| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。


posted by Joe夢 at 07:38| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする