2018年07月21日

CO2ガスの高濃度処理

いちごのハダニ防除に、二酸化炭素くん蒸剤という農薬があります。
定植前に、高濃度(50%程度)の炭酸ガスで燻蒸して、ハダニを殺してしまおうという方法です。

7/18に、県東部にあるJAさんで、その話をメーカーさんにしてもらいました。
DSC_0113.JPG

確実な効果を得るためには、
「30℃、60%、24時間」がキーワードとして記憶していたのですが、
温度が足りなくて、うまく防除しきれていない事が多いそうですね。
技術を開発した村井先生が販売しているシステムでは、そこのところを重視しておられました。

定植前に、これを用いてハダニ防除をきっちり行えば、天敵の防除効果が安定するでしょう。
posted by Joe夢 at 20:51| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本バイオスティミュラント協議会講演会

京都から帰った翌日は上京。

東京大学の弥生講堂一条アネックスで開催された、
日本バイオスティミュラント協議会第1回講演会へ参加してきました。
DSC_0104.JPG
車が行き来する門のまん前で撮影するのが憚れたので、コーンを撮影。

講演内容は撮影禁止。
DSC_0106.JPG

さて、「バイオスティミュラント」とは?
直訳すると、「生物的刺激」となるそうです。
バイオスティミュラント協議会としては下記のように定義しています。
「バイオスティミュラントとは、植物あるいは土壌に処理し、より良い生理状態を植物体にもたらす様々な物質や微生物、あるいはそれらの混在する資材である。これらの資材は植物やその周辺環境が本来持つ自然な力を活用することにより、植物の健全さ、ストレスへの耐性、収量と品質、収穫後の状態及び貯蔵などについて、植物に良好な影響を与えるものである。」

要するに、従来農薬にも肥料にも分類されなかった微生物資材やアミノ酸、海藻資材などが当てはまります。
で、発足したばかりの協議会が講演会を開催するにあたり、「どれだけの人が集まるか予想できないから」と事務局よりお誘いを受けて出掛けてきました。

バイオスティミュラント資材の研究をされている、大学の先生方の発表を聴講してきました。
併せて、懇親会にも参加してみました。
最近は、天敵関係の会合ばかりに参加していましたので、栽培?の方々に交じり、とてもアウェイ感を感じながらの会でした。

posted by Joe夢 at 20:26| 静岡 ☀| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都旅行

7/14-16 京都旅行へ行ってきました。

例によって、息子のアパートに転がり込みます。

7/14 上賀茂神社〜下鴨神社(含む河合神社)〜仙洞御所特別公開
DSC_0039.JPG

DSCN6732.JPG

DSCN6751.JPG

DSCN6772.JPG

DSCN6758.JPG
(大宮御所は、建物を外から眺めただけ。)

夕方から伏見へ移動して、伏水酒蔵小路へ。
IMG_20180714_174923.jpg

DSC_0047.JPG

7/15 銀閣寺〜哲学の道〜南禅寺、水路閣(〜私だけ疎水分線〜蹴上インクライン)

DSCN6787.JPG

DSCN6798.JPG

DSCN6801.JPG

DSCN6804.JPG

DSCN6806.JPG

DSCN6808.JPG

DSCN6819.JPG

午後はアパートで休んで、祇園祭前祭宵々山へ。

DSCN6824.JPG

DSCN6827.JPG
今回の上洛の目的、郭巨山のちまきをゲットしました。

7/16は、帰清前に、京都迎賓館を参観
DSC_0058.JPG

DSC_0059.JPG

DSC_0066.JPG

DSC_0072.JPG

DSC_0082.JPG

DSC_0094.JPG

細かなところまで、手が行き届いてました。
さすが、迎賓館。
なのですが、ここは京都御苑の中にあっても、宮内庁管轄じゃないんですね。



posted by Joe夢 at 19:03| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

視察

先日、メーカーさんの「技術部会」という研修会に参加して、
ラジコンボートによる、水稲除草剤の散布実演を見学してきました。

ワイズファクトリー社製 ヤンマーで販売してるらしいのですが?
DSCN6669.JPG
DSCN6671.JPG

価格は100万円オーバー。
そんなにするんだ。

移植したばかりの稲の苗を傷つけないように、プロペラボートです。
中央部のタンクにフロアブル剤を投入して、後部から滴下する仕組みです。

DSCN6672.JPG

ただ、自然落下では滴下量のコントロールが出来ないので、エンジンの排気ガスの圧力を利用して、薬液をタンクから押し出すようになっています。
DSCN6672-2.jpg

DSCN6672-3.jpg

DSCN6672-4.jpg

滴下量の調節は、サーボモーターを使ってゴムホースを押さえて行います。
DSCN6684.JPG

薬液が一気に出てしまわなければOK、というおおらかな作り。
フロアブル製剤の水稲除草剤を散布するだけですから、必要にして十分なんですね。

タンクにフロアブル剤をドバドバ投入。10L=500ml/10aで2ha分入ります。
DSCN6670.JPG

水田を滑るように走行。
DSCN6678.JPG

中央部を左右に走る白い帯が、散布されたフロアブル除草剤。
今回は、未発売(既登録)のモーレツフロアブル。
DSCN6680.JPG

動画も撮ったので、

ラジコンボートによる除草剤散布は、無人ヘリコプターや、ドローン(マルチコプター)による散布と違って、事前に申請・許可の必要がないのが強みですね。
散布にあたっても、法律上はオペレータ一人だけ(補助員がいらない)のもメリット。
ですが、現在の機種では、フロアブル剤の散布しか出来ないのがデメリットとなります。

当日、初めてラジコンボートの散布を見て、すぐに挑戦した農家さんの散布風景。
「免許がいらない」というか、「事故っても他に影響を(ほぼ)与えない」のが安心です。
にして、散布作業は楽しそうでした。
下の動画は、YouTubeでは限定公開にしています。

こちらの動画のほうが、フロアブル剤を滴下しているのが判りやすいかな?
posted by Joe夢 at 11:08| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする