2010年05月25日

そして、今日は

今日は、静岡県中部地域の農薬危害防止運動推進会議に出席してきました。

毎年6月は農薬危害防止運動推進月間です。
これは全国的な運動なのですが、各都道府県毎に行われます。

静岡県では、「1ヶ月間だけでは短い」と、8月末までの3ヶ月間に渡って推進されます。

端的に言うと
1.農薬を適正に保管・管理・使用しましょう。
2.圃場周辺住民や環境に影響を与えないよう十分に注意して使用しましょう。
3.散布者本人の健康管理も大切です。
4.病害虫防除は農薬散布だけではありませんよ。また、効果的・効率的な防除をしましょう。
といったことを、改めて確認すると同時に農薬を販売される方、使用される方に啓蒙・実践していただく運動です。

100525kaigi.jpg
出席された、国・県・市の方々です。
加えて、JA・JA経済連・農薬卸売商・農薬商(小売組合)が出席しました。

静岡県のHPにはまだ今年の資料がアップされておりませんので
表紙だけ撮影しました。
農薬危害防止運動要領.jpg

残念なことに、毎年農薬による誤使用、誤飲等による中毒事故が発生します。
農薬は、適正に使用すれば消費者・使用者・作物・環境への影響はありません。
国による、いくつもの試験によって安全は担保されています。
間違った使い方をされるために規制値を超える作物残留や、河川への流出による魚への害がおこります。
また、正しく防護具を着用しないための事故も起こっています。

これは、自動車と同じで
正しく使えば大変利用価値が高いものなのですが、
間違った使い方をすると(交通)事故がおこり、尊い命を危険にさらすこととなります。

化学農薬も正しく使えば、安心・安全なものです。
ぜひ、
農薬散布前には、容器に書かれているラベルを再確認していただき、
散布時には、マスクなど防除着の着用の徹底
周辺への飛散防止を配慮して、使用してください。

お願いします。

posted by Joe夢 at 18:44| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック