2010年07月12日

害虫?

お客様が、
「こんな虫が(病気が)ついたんだけど、どうすればいい?」
と、弊社店舗に持ち込まれることがよくあります。


今回のものは
 ↓ ↓ ↓
アオバハゴロモ?.jpg
アオバハゴロモ?2.jpg
アオバハゴロモの幼虫ではないかと思われます。
セミ・ヨコバイの親戚。広い解釈ではアブラムシやコナジラミとも親戚です。

幼虫は綿状の分泌物を出して体を隠します。
アオバハゴロモ?綿.jpg
それが逆に人目に気になるところで 「害虫がついた」 となるわけです。

かんきつ・いちじく・庭木などに発生します。
化学農薬には比較的弱い虫ですので、
アブラムシなどの防除を行ったときに同時防除されてしまうことが多いのですが、
近年農薬散布の回数が減ってきていることなどから発生が多くなってきています。

よほどの大発生でなければ木が枯れることはないと思いますが、
分泌物が枝に残って美観を損ねますので、気になる方には殺虫剤+機能性展着剤の散布をお勧めしています。

posted by Joe夢 at 22:32| 静岡 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック