2011年09月02日

受粉用マルハナバチ ナチュポール・ナチュポールブラックの巣箱がリニューアルします。

アリスタライフサイエンス社より案内がありました。

トマト、イチゴなどの受粉用マルハナバチ
「ナチュポール」、「ナチュポールブラック」の巣箱が変更されます。

新巣箱
NPB 001.jpg

従来は出入り口の扉が、上下に動かすタイプでしたが、左右にスライドする形になります。
(旧型は開閉するのに硬くて不評でした。)
それにより、巣箱の上に日除けの板を直接載せることも出来るようになりました。

巣箱到着時は入り口に蓋があります。(青い部分)
NPB 002.jpg

バリバリっと開いてから折りたたみ、マルハナバチの着地台にします。(出入り口は閉まっています。)
NPB 003.jpg

出入り口のアップ。
NPB 004.jpg

左右にスライドすることで、働き蜂が出入りできます。
回収用の入り口にもできます。
NPB 005.jpg

従来型では、乾燥花粉を給餌するのに外箱の蓋を開けなければなりませんでしたが、
新型巣箱では専用の花粉給餌口ができました。
NPB 006.jpg

給餌口を開けたところです。使用時以外は必ず閉じてください。NPB 007.jpg
ここから乾燥花粉を入れます。

また、添付されています乾燥花粉も容器が変わります。
NPB 013.jpg
3g入りの個包装が20個/袋になります。

糖蜜の残量の確認用窓もつきました。
NPB 008.jpg

こちらも開いて確認しますが、
NPB 009.jpg

暗くて見えませんので、指を入れて確かめます。

NPB 010.jpg

働き蜂が入り込んでしまいますので、確認後は必ず蓋を閉めてください。
「指を入れたら刺された」なんて事になりかねません。
NPB 011.jpg

外箱の蓋を取った状態
NPB 012.jpg

トマト、イチゴにご好評を頂いているナチュポールシリーズですが、
よりいっそう使いやすくなるように改善されています。
この巣箱は、9/6到着分より変更になるそうです。
posted by Joe夢 at 09:27| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック