2011年11月19日

全農薬総会 安全協全国集会

11/16 お江戸へ上京。

全国農薬協同組合の総会へ出席のため、東京は千代田区平河町にある"海運クラブ"へ向かいました。
午前中は、総会。午後は、農薬安全協の全国集会です。
20111117_1.jpg
総会ですので、事業報告やら決算、計画やら予算の承認をパチパチパチとして決議。
組合関係の永年勤続表彰(おめでとうございます)とか他の表彰で終了。
午後も似たような進行のあと、安全協各支部の事例発表。フムフムと聞いてきました。

そして、記念講演は、食品安全情報ブログを書かれている、国立医薬品食品衛生研究所のDr.畝山のお話
20111117_2.jpg
講演の内容を、思いっきり大雑把に言うと、
「農薬や食品添加物(天然添加物は除く)は、意図的に使われるものなのでコントロールされており、基本的に実質的ゼロリスクで管理されている。」
「それに対して、食品は過去からの経験で、食べてもすぐに明確な影響がないことはわかっているが、長期の安全性については基本的に確認されていない。」
「リスクとは、ある物や事の危険性(ハザード)×その物や事の起こる確率又は暴露量。ハザードが大きくても、それがおこる確率がとても小さければリスクは小さい。毒性が高いものでも、摂取量が少なければ、身体に影響がない。」
これらのことを、分析例やリスクの大きさを数字で説明いただきました。
「マスコミは、ハザード=リスクと勘違いしている。」とも…
ただ、ローマ字の略語が多くて話が進むにつれて理解できなくなってしまいました。資料を2,3回繰り返し読まないといけません。(^^;

畝山さんの書かれているブログは、1週間に2,3回訪れて2・3日分をまとめ読みしています。
世界各国の食品の情報を翻訳し淡々と書かれているのですが、ときどきカッコ書きで畝山さんのコメントが入っています。それが面白くて読んでます。そのコメントから感じたイメージは"肝っ玉かあさん"(ふくよかなイメージ)だったのですが、実際はスリムな方でした。

講演も終了した後は、お約束の情報交換会です。
20111117_3.jpg
会長の挨拶のあと、立食パーティー。
以前、営業として静岡担当をされていた方が、常務になったり、社長になったり、なかなかお会いできない人になってしまいましたが、1年ぶりにお会いしました。

料理とお酒を気持ちよくいただいて、帰りの新幹線の中でうとうとしていたら何か怪しい影が…
20111117_4.jpg
前の席の赤ちゃん(10ヶ月くらい?)が覗いてます。
20111117_5.jpg
そのあとは、彼(彼女?)に相手をしてもらって静岡駅まで楽しみました。



静岡駅でフェイスブックで友達になった谷岡さんの甘栗と、
寺田さんとこのミニミニドーナッツをお土産に買いました。(^^;
382091_159476157484094_100002651327539_236450_628359238_n.jpg 392671_159478577483852_100002651327539_236456_1036295016_n.jpg
posted by Joe夢 at 09:36| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック