2012年04月10日

遮光剤「レディソル」

イチゴ・トマト・時々ナスのハウスにこの時期使われるのが、遮光剤です。
まだまだ気温が低い時期ですので感じませんが(昨日今日は暖かかったですね。)、日差しは9月半ばと変わらない強さです。
ですので、ハウス内は真夏の状態。
イチゴはドンドン赤くなってしまいますので、農家さんは暑い中「ふぅふぅ」言いながら収穫していますし、
トマトやナスは、日焼けを起こして商品価値が下がります。

その被害軽減に使われるのが、遮光剤「レディソル」です。
SGKB000007.jpg
ビニールハウス、温室の屋根に、動力噴霧器で散布するだけで、1ヶ月〜半年の間(散布量・散布濃度により期間が変わります)ハウス内の気温を3〜4℃、果実の表面温度を7〜11℃も下げることが出来ます。
使い方はこちら (リンク先ではレディソルエキストラの説明になっておりますが、使い方はほぼ同じです。)

気温は、ほんの3〜4℃しか下がりませんが、直接日差しが当たらないせいか、もっと涼しく感じられます。
お勧めです。


ところで、このレディソルの製造メーカーはオランダのマルデンクロー社なのですが、社名の由来は社長の3人の子供さんの名前からつけたんだそうです。なんて名前なのか聞いたんですが、忘れてしまいました。^^);
posted by Joe夢 at 21:55| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック