2012年06月16日

梅雨の合い間の農薬散布にブレイクスルーの加用

6/15 この日もメーカーさんと巡回

最近他社品ばかり売っていて「喝ッ!」とメーカーさんに怒られながら(笑)お客様を回ってきました。
以前にも紹介しました展着剤の「ブレイクスルー」、農薬散布によるトマトやナスの果実の汚れに対策によい商品なのですが、ハウス栽培のトマトやナスは終盤になってきて気持ちは露地作物にいっていました。そして、ブレイクスルーではなく他の商品に注意が行っておりました。
そうしましたところ、サンケイさんいわく「ブレイクスルーは、露地作物にだってたくさん使われているんだ!もっと売れー!」というわけです。

以前、ユーチューブにアップした動画でもブレイクスルーの拡展性の良さはわかると思いますが、


薬液が広がることで表面積が増え、薬液の乾きも大変早くなります。
と、いうことは、梅雨の合い間の薬剤散布にブレイクスルーを加用すれば薬液の乾燥が早まり、薬剤の作物への定着がよくなるわけです。
「今日、薬を撒いちゃっておきたいけれど、天気が今ひとつ心配だな?」というときでも、早く乾いて薬剤が定着してくれれば、雨による流亡も少なくなり、薬剤の効果が安定します。

いまこそ、「ブレイクスルー」

20120616_134756.jpg


これでいい?木暮さん(笑)
posted by Joe夢 at 15:08| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック