2012年09月02日

シメイビールの生

ベルギーの修道院で作られているという”シメイビール”の生ビールを飲む機会がありましたので、妻と出掛けてきました。

味がしっかりしていて美味しかったです。
RIMG0140.JPG

場所は、いつもの?ラビアン・リー
マスターの須藤氏のドヤ顔を見ながらビールを飲みます。(笑)
RIMG0147.JPG

前回のビールフェアでも一緒になったななちゃんもいました。
RIMG0141.JPG
今回もまた、セロリの漬物を持ってきてくれたので、バクバク頂いちゃいました。^^;

まずは、シメイビールのホワイト。軽そうな色なんだけど、しっかりした味でした。
これを2杯頂いて、次はレッド。これもどっしりと下味でマイウ〜。
RIMG0153.JPG
後ろに、ボトルが写っていますが、今回は生樽からのサーブです。
シメイレッドの生ビールはなかなか入らないそうで、マスターは「うちに今回入っただけ」と豪語しておりました。

で、もうひと種類、シメイブルー。これは長期熟成させたタイプですので、生ではなくてビン入り。
RIMG0160.JPG
ワインみたいにボトルで熟成させたビールというのは初めてでした。
どんな味?って聞かないでくださいね。グルメレポーターではないので表現できません。
おいしかったです。

ただこれには、裏話がありまして、
今回用意されたシメイブルーは、1999年物と2001年物の2種類あったのですが、
須藤マスターが試飲したところ、2001年物は(保管管理が悪かったのか?)熟成しすぎていて、提供できないとのこと。
ちょっとだけ飲ませてもらったのですが、紹興酒みたいな味でした。

「こんなじゃ、シメイの味じゃない!」ということで、2・3本ボトルを開けても、「ダメ!これもダメ!」と、カウンターに置くだけでした。
シメイブルーを飲んだことのない身には、紹興酒の味がしても、「これが熟成ビールなんだ。」と、感心して飲んでしまうと思いますが、須藤氏のこだわりがそうはさせないようです。

1999年物もダメなのがあったのですが、ズラリと並んだシメイビールのボトル
RIMG0163.JPG
左から、1999ブルー、同左、2001ブルー、レッド、ホワイト

生ビールフェアは、13:00からの第1部、16:00からの第2部だったのですが、のんべな夫婦は第1部に参加してから第2部終了後まで居座って飲んでました。(^o^);

もうへろへろ。。。
posted by Joe夢 at 20:10| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック