2013年02月23日

ボタニガード水和剤 入荷しました。

スリップス類の対策に好評を頂いているボタニガードESですが、
天敵のスワルスキーカブリダニとは相性が悪く、スワルスキーを導入しているハウスではボタニガードESを散布しにくい状況でした。

その対策として、アリスタライフサイエンス社では「ボタニガード水和剤」を開発上市していました。
ボタニガードESには鉱物油が含まれていますので散布液の乾燥に若干時間がかかり、ボーベリア菌の害虫への感染に好適な条件が水和剤と比べて長く続きます。よって、ESの方が水和剤よりも効果の安定が期待され、弊社でも一般的にはES剤をおすすめしております。

ただ、前述のとおりスワルスキーカブリダニを導入している施設においてはES剤が使いにくい為に、水和剤を使わなければなりません。
水和剤も鉱物油が含有していない分、有効成分のボーベリア菌の分生子が3倍弱入っております。

と、スワルスキー導入ハウス用みたいなことを書きましたが、中には「鉱物油がキライ」という方もいらっしゃいますので

ボタニガード水和剤を仕入れました。

DSC_0005-3.jpg

また、先日2/13にボタニガード水和剤の登録が拡大され適用病害虫に「アザミウマ類」が追加されました。
今回入荷したものはまだスリップス類の表記がありませんが、登録拡大しておりますのでスリップスを対象に散布することも可能です。

お値段がES剤より若干高いことと、水和剤の汚れ、少量を調合するのに秤量が面倒なところが気になりますが、
ご興味のある方は、ご注文下さい。

弊社ネットショップでは、まだアップしておりませんので、直接お電話またはEメールでお問い合わせ下さい。
posted by Joe夢 at 14:51| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック