2015年01月23日

農薬の使用制限となる登録の変更予定

平成27年2月18日に使用制限となる登録変更が予定されている農薬の案内が届きました。

「日産エスレル10」「石原エスレル10」
きんかん 着色始期 → 着色始期 ただし、収穫14日前まで
登録維持に必要な試験整備に経費と時間を要するため。

「クロピクフロー」
作物名"メロン"を削除。
うり類(漬物用) → うり類(漬物用、ただし、漬物用メロンを除く)
クロピクフローを使用した圃場において、生育障害の発生事例があったため。

「マブリック水和剤20」「クミアイマブリック水和剤20」
作物名"大粒種ぶどう""トマト"を削除
レタス 収穫前日 → 収穫7日前まで
短期暴露評価に対応しての登録維持のためには、経費と時間を要するため。

「日曹マブリックジェット」「マブリックジェット」「新富士マブリックジェット」
作物名"トマト"を削除
短期暴露評価に対応しての登録維持のためには、経費と時間を要するため。

「マブリックEW」「クミアイマブリックEW」
作物名"大粒種ぶどう"を削除
短期暴露評価に対応しての登録維持のためには、経費と時間を要するため。

「日産ルビゲン水和剤」
作物名"トマト""もも"を削除
短期暴露評価に対応しての登録維持のためには、経費と時間を要するため。

「日産スペックス水和剤」
作物名"もも"を削除
短期暴露評価に対応しての登録維持のためには、経費と時間を要するため。

「日産ミクロデナポン水和剤85」「日農ミクロデナポン水和剤85」
「ホクコーミクロデナポン水和剤85」「三明ミクロデナポン水和剤85」
「ローヌ・プーランミクロデナポン水和剤85」
作物名"ぶどう""はくさい"を削除
短期暴露評価に対応しての登録維持のためには、経費と時間を要するため。

「ローヌ・プーランデナポン水和剤50」
作物名"ぶどう"を削除
短期暴露評価に対応しての登録維持のためには、経費と時間を要するため。

今回は、農薬名を登録ごとに掲載しました。
農薬は、一般にひとくくりで「ミクロデナポン水和剤」とかと表現されていますが、
農薬登録としては、5つあります。
それぞれに登録番号が付与されています。
「日産ミクロデナポン水和剤85」は第5129号、
「日農ミクロデナポン〜」は第5131号、
「ローヌ・プーランミクロデナポン〜」は第18186号となっています。

さて、新たに農薬の登録に際して導入された「短期暴露評価」に対して、各農薬メーカーは対応を始めています。
短期的な摂取量を試算して、登録の変更が求められる場合にどうするか?
今後の販売量が十分に見込め、かつ使用時期(収穫前日数)の変更で済むのであれば、改めて残留試験を行い、成績を整えて変更申請するのでしょうけれど、古くからある薬剤だと、その販売量との兼ね合いから作物登録を削除してしまったほうが早いということになってしまいますね。

今回の予定されている変更は、私どもが販売している地域での影響は少ないと思いますが、
今後、「え〜〜!これも使えなくなっちゃうの?」なんて事が起きないことを祈ってます。
ラベル:負の登録変更
posted by Joe夢 at 12:01| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック