2015年02月05日

圃場巡回

いちごの圃場巡回をしました。

県東部のJAさんで、
「本作、初めて天敵を導入した農家さんでハダニの発生が止まらなくて困っている。」
とお聞きしていて、
こちらのJAさん、天敵を導入してからもう何年も経っているから大丈夫だと思っていたのですが、どうもダメみたい。

メーカーさんと伺うことで、農家さんに安心感を持って頂こうという作戦です。

で、1軒目
いますいます。ハダニがいます。
クモの巣も張ってます。 
葉の上の白いものは「スパイデックス=チリカブリダニ製剤」に含まれているひきこ(木くず)です。
DSCN7891.JPG

葉裏を見ると、
DSCN7893.JPG

やられてますね〜〜。

ですが、
いたいた。オレンジのやつ。
チリカブリダニ。
DSCN7894.JPG

よく見たら、ナミハダニの赤色型でした。

でも、別の葉にいましたよ。
DSCN7895.JPG
こちらのは、チリカブリダニです。
他の葉裏にも多数のチリカブリダニが見えました。

「ハダニが切れない。」といいつつも、
「発生の坪が拡大しない。」と、農家さんご自身が承知されていました。
発生の坪も2・3箇所のもようです。
なので、化学農薬での防除はしていないとのこと。
DSCN7896.JPG

そうはいっても、初めての天敵導入でしたので不安だったようですね。
今回伺ったことで、カブリダニの効果を納得して頂けたようでした。


2軒目では、
チリカブリダニを大量導入したけれど、ハダニが一向に減らない。
仕方なくリセットしようとしたけれど、薬剤が効かない。マイッタぞ。
というお客様です。
最終的に、薬害覚悟でカネマイトフロアブルを散布。ニッソラン水和剤との連続散布で収まっておりました。
ですが、ダニ剤の使用回数制限いっぱいになった薬剤ばかりになってしまったので、春に向けてカブリダニで仕切りなおしになるでしょう。

どうして、こんなに増えてしまったのか?
それが、問題だったのですが、
ハダニの発生があったので、天敵を使ってみることにした。
天敵導入前に薬剤散布をしたが、その効果を確認しなかった。
静岡県内において、イチゴのハダニの、近年登録されたダニ剤に対する薬剤抵抗性が強くなっていますので、天敵導入前にハダニの密度が下がっていなかったことが原因と考えられました。

3軒目に伺ったお客様でも同様だったようです。

「本作で新規に導入した3軒の農家さん全部がうまくいかないんだよ。」
「導入初年度にダメだと次から使ってくれなくなっちゃうからなあ。」
と、JAの次長が嘆いていらしたんですが、天敵の効果もそれなりに感じて頂いているようでした。

また、オンシツコナジラミが発生しているハウスもありました。
DSCN7924.JPG

DSCN7934.JPG
DSCN7930.JPG

10年位前までは、いちごでは静岡県東部でのみ問題になっていたオンシツコナジラミ。
近年、他地域でも発生が多くなっていますね。
逆に、以前発生の多かった東部地区では、それほど問題にならなくなっていました。
トマトのように、ぐしゃぐしゃっと幼虫〜蛹が見えるのって久しぶりです。

オンシツコナジラミですので、チェス顆粒水和剤かウララDFを散布すればOKですね。


また、農家さんに面白いものを紹介して頂きました。
DSCN7905.JPG
手に持っているもの、何だと思います。?

スマートフォンが実体顕微鏡になるんです。
動画の録画も簡単です。
ハダニが拡大されて画面に写っています。
DSCN7907.JPG
DSCN7906.JPG


東急ハンズに売っていたんですって。
天敵の撮影に使えます。
今度買ってみよ。



そして、夜は
DSCN7944.JPG
若竹立春朝搾り
立春から1日遅れちゃったけれど、入手しました。
今年のは、昨年よりバシバシ来ます。若いというか、暴れてるというか、、、
適切な表現が浮かびません。

あっ、隣の小さなボトルは、おまけで頂いた「鬼乙女・夢」
これは、年4作のシリーズ物のお酒です。

posted by Joe夢 at 22:28| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック