2015年02月23日

新規殺ダニ剤

日本農薬株式会社より、新規殺ダニ剤の農薬登録案内が届きました。

ダニコングフロアブルと、
20150220登録のご案内-1.jpg

ダブルフェースフロアブル
20150220登録のご案内-2.jpg


事前に色々と情報を頂いていたのですが、
「農薬として未登録の剤なので外には出さないでね。」と言われており、
静かにしていました。
登録が取れましたので、これで書けます。

新規系統(カルボキサニリド系)の”ピフルブミド”は、ハダニ(Tetranychus、Pampnychus)類に高い効果があります。
ハダニの若虫>幼虫>成虫に効きます。卵には弱いようですね。
虫体に散布されると、6時間ほどで効果の発現が見られ、24時間くらいで完成します。(25℃)
ですので、朝に薬散しても、夕方にはまだハダニは動いていると思われます。

残念なことに、この”ピフルブミド”「ダニコング」はハダニ類にしか効きません。サビダニ・ホコリダニには効果がありません。
そこで、果菜類にも使いやすいようにとダニトロンとの混合剤「ダブルフェース」も併せて登録申請、取得となりました。

ダニコングは、かんきつ、りんご、なし等の果樹(果樹類の登録じゃないですよ)と茶、
ダブルフェースは、なす、ピーマン、いちご他果菜(果菜類って登録ではありません)と、かんきつ、茶です。
両剤とも、作物名をご確認下さい。

ダニコングの主成分ピフルブミドは、カブリダニなどの天敵昆虫に影響がありませんが、
ダブルフェースはダニトロンとの混合剤ですので、カブリダニに幾ばくかの影響が懸念されます。
が、カブリダニ導入前(2週間前?)に、”0=ゼロ放飼"の為の散布、あるいは作終了間近に使用するといいでしょう。

日本農薬さんによりますと、3月下旬に発売になるそうです。
(2/23現在 価格未定)
上市されるのが楽しみな剤です。



さて、今夜はラフロイグ・クォーターカスクにしました。
ラフロイグの中でも、お安い1本。
でも、おいしいですよ。

肴は、ゆでしらすと鰹の酒盗。
島で醸造されたお酒は、魚に合いますね。
93539729_n.jpg
posted by Joe夢 at 21:44| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック