2016年06月11日

高濃度炭酸ガス処理によるいちごのハダニ防除

2年半前に栃木県で開催された天敵利用研究会で聴講してきた、
高濃度炭酸ガス燻蒸処理によるいちごのハダニ防除は、徐々に広がりつつあるようですが、普及という意味ではまだまだなのでしょうか?

私も、技術を開発された元宇都宮大の村井先生の紹介で、当時農薬登録を取得した炭酸ガスメーカーに問い合わせたところ、
「高圧ガスを取り扱う為の資格や貯蔵のための許可などの理由から、JAルートのみでの販売を考えている。」
と言われてしまい、残念な気持ちになっておりました。

静岡県内のいくつかのJAでも、主にいちご生産組合での苗の増殖を行っているところで導入されているようですが、農家さんでの利用は進んでいないようです。農家さんからも幾件かの問合せを頂きましたが、技術情報は提供できても、設備の紹介は出来ないことが悩ましかったです。

なのですが、
村井先生より、「施用設備を販売しないか?」との連絡をいただき、肝心要の炭酸ガスボンベの流通の問題もクリアできそうなので、お客様に紹介を始めました。
すでに導入されている施設での評判は今ひとつのようですが、確実な効果を上げるための要因が何かしらかけていたために効果不足に陥っていたと考えられます。

安価な設備ではありませんが、天敵との組合せで、近年問題になっているナミハダニの薬剤抵抗性問題もクリアできるでしょう。
既存の設備よりも安価になるかもしれません。
興味のある方は、support@savegreen.co.jp までお問合せください。

CO2手順.jpg


posted by Joe夢 at 16:05| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック