2016年12月08日

圃場巡回

リモニカ;リモニカスカブリダニ剤の放飼試験をしていただいているお客様の圃場へ伺いました。
リモニカの対象害虫であるスリップス類の発生が見られず、リモニカの定着を確認できないかと思ったところに、同行していたアリスタのM君がコナジラミの卵の近くにリモニカの卵があるのを発見。また、ハダニが発生している株にも、チリカブリダニと併せてリモニカ成虫と卵を見つけました。

こちらは、チリカブリダニ。
リモニカスカブリダニの写真は上手に撮れませんでした。
DSCN2855.JPG


有翅成虫になりかけでコレマンアブラバチのマミー化したワタアブラムシ
DSCN2858.JPG
こんなこともあるんですね。

ハダニが多発生の株で見つけた、土着天敵ハダニタネバエ?の蛹
DSCN2868.JPG
カブリダニ類よりも、タマバエの方がたくさんハダニを捕食してくれます。


ハウスの外へ出たら、上弦の月がきれいだったのでパシャリ。
DSCN2871.JPG
posted by Joe夢 at 20:17| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック