2018年07月21日

CO2ガスの高濃度処理

いちごのハダニ防除に、二酸化炭素くん蒸剤という農薬があります。
定植前に、高濃度(50%程度)の炭酸ガスで燻蒸して、ハダニを殺してしまおうという方法です。

7/18に、県東部にあるJAさんで、その話をメーカーさんにしてもらいました。
DSC_0113.JPG

確実な効果を得るためには、
「30℃、60%、24時間」がキーワードとして記憶していたのですが、
温度が足りなくて、うまく防除しきれていない事が多いそうですね。
技術を開発した村井先生が販売しているシステムでは、そこのところを重視しておられました。

定植前に、これを用いてハダニ防除をきっちり行えば、天敵の防除効果が安定するでしょう。
posted by Joe夢 at 20:51| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。