2018年11月15日

巡回

いちご苗の、高濃度炭酸ガスくん蒸による害虫防除(ハダニ)を行った農家様の圃場を、システムの開発者である元宇都宮大学教授の村井先生と巡回しました。

毎年、天敵利用だけでは抑えきれず、ハダニで困っていた農家さんでもハダニの発生がなく、いちごの株が順調に生育していました。
2560.jpg

ただ、(周囲の環境にもよりますが)アブラムシやスリップスの侵入が認められた圃場もあり、「CO2くん蒸したから」と他の策を行わないのはいけません。
天敵農薬の併用をオススメです。
といいますか、今日巡回した農家さんは元々天敵を利用されていた方ばかりですので、そこら辺は抜かりなく。。。

現在3つの会社で同様のシステムが販売されていますが、他社の設備で処理した圃場では、既にハダニが発生してしまっているとの話を他所で聞きました。
しっかりと効かせるための技術指導が足りないのでしょうか?
キーワードは、60%、30℃、24H


posted by Joe夢 at 21:04| 静岡 ☀| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。