2020年09月14日

イチゴ苗定植前の薬剤浸漬

サフオイル乳剤が9月9日付けで適用拡大されました。

いちごの使用方法に300倍、2〜10秒苗浸漬が追加され、
野菜類(トマト、ミニトマトを除く)が、野菜類(いちご、トマト、ミニトマトを除く)となりました。
また、花き類・観葉植物(きくを除く)が追加されました。

suffoil001.jpg

で、いちごの苗浸漬なのですが、
メーカーさんに聞きましたら、
「地際部より上だけを浸漬し、根部には付着しないようにしてください。」とのことです。

また、浸漬処理に伴い薬害が出る可能性が大とのことでした。
油でガッツリくるんでしまいますので、当たり前って言えば、当たり前ですね。
葉裏が褐変し、葉の縁取るように枯れる場合もあるそうです。
薬害が出るということで嫌われる方も多いと思いますが、卵までしっかり効くことで、定植後のハダニの発生(増加?)を防ぎますので、薬害による成長遅延とハダニ害による遅延を比較した場合、前者のほうが遥かに被害が少ないと考えられます。
(自分で確認していないので、「だろう」とか「らしい」とか「そうです」としか書けません。スミマセン。)

僕は高濃度CO2ガス処理によるハダニ防除をお勧めしていますが、システム導入にかかる費用もそれなりに掛かりますので、サフオイル乳剤の定植前苗浸漬もアリだと思います。メーカーさんの話からすると、中途半端なCO2処理より効果大の模様です。
(高濃度炭酸ガス燻蒸も、そのシステム販売会社によっては適切な指導が為されないために本来の効果が発揮されずハダニの卵が残ってしまい、定植後しばらくしてハダニが多発生してしまうことがままあります。)

天敵のゼロ放飼のためにも、いいかもしれませんね。

夜冷育苗などの早期定植には間に合いませんでしたが、これから定植する栽培で使われる場面が多くなるでしょう。

suffoilbox.jpg


あっ、お買い上げはこちらで。↓↓
https://savegreen.jp/SHOP/SGKB000131.html こちらはお得なケース販売。

posted by Joe夢 at 17:59| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月09日

スパイカルコンボ

皆様、お久しぶりでございます。
ついつい、サボリ気味→サボリっぱなしなブログの更新です。

呑んだ食った的な話は、フェイスブックで上げておりますので、
そちらを御覧ください。


で、久々のブログネタは、いちごの天敵導入への(メーカーさんからの)新提案。
「スパイカルコンボ」のご紹介です。

trio_combo_202007_1.jpg
trio_combo_202007_2.jpg

ボトルタイプのスパイカルEXと、パック製剤のスパイカルプラスを組み合わせて放飼することで、ミヤコカブリダニの分散と増殖のいいとこ取りをしようという企画商品です。
パック製剤だけですと、圃場内での設置個数が限られてしまうことからパックとパックの間が10mほど開いてしまい、その隙間でハダニが増えてしまう危惧があります。かといってパック剤の増殖性は捨てがたい。そんな需要から生まれたらしいですね。
また、「高濃度炭酸ガス処理を行った苗を定植している方にも」と聞きました。

個人的には、従来のスパスパトリオ(スパイカルEX250ml1本+スパイデックス100ml3本)で十分な効果を得られていますので(もちろん導入前のハダニの徹底防除が必要)、どうしてこういう商品が企画されたのか不思議に思っていました。
(スパイカルプラスとリモニカの組合せの方が面白そうなんだけどな。)
メーカーさんに理由を聞いたら、「ふ〜〜〜ん。そうだったんだ。」的なブログでは書けない話を教えていただきました。

価格は、2020年12月まではEXとプラスを別々に買うよりもかなり安く提供できそうです。
ただし、チリカブリダニが入っていいませんので、「ゼロ放飼が徹底できている圃場」限定になります。
一般的にはスパスパトリオをおすすめします。

アリスタライフサイエンス(株)のウェブページでは、「10月1日から販売します。」と書かれていますが、火曜 or 金曜日納品になるでしょうから、実際は10月2日からですね。


で、昨夜の夕飯は、キャベツのトロトロ煮込み。
キャベル、人参、玉ねぎににんにくを、圧力鍋でシュッシュと20分以上。
ドロドロにはならなかったけれど、トロトロです。
使える肉が冷蔵庫内にソーセージ2本しかなかったので、溶き卵で蛋白質を増量。
彩りに、水菜をのせました。

0609243.jpg
posted by Joe夢 at 15:44| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月20日

根張りアップ

根張りを良くする(期待できる)肥料・資材の一覧を作ってみました。

発根比較1.jpg
発根比較2.jpg

植物そのものに直接働きかけて根を伸ばすもの。
環境を整えることで、結果的に根が伸びるもの。
根の働きを補完してくれて、値が増えたと同じになるもの。

てなことです根。

gungun.JPG

植物の生理が活性化しホルモン(主にオーキシン)が内生することで発根を促し、根の活性が高められます。
SavegreenWebShop価格 5,808円(税込み)


DSCN5114.JPG

作物に害を及ぼさず、生育が旺盛なトリコデルマ菌(善玉菌)を根の周りの栄養素を使って増殖させることで、害のある微生物の増殖を抑え、作物の生長を促します。
SavegreenWebShop価格 9,065円(税込み)


鉄力あぐりB12
b12n.png

土壌中に存在する3価の鉄を、植物は自らエネルギーを使って、2価鉄に還元してから根に取り込んでいます。2価鉄イオンを直接供給することで、エネルギー消費が抑えられて根が伸長します。
栽培期間が短い作物用に、鉄力あぐりB10 15kgもあります。

この商品はSavegreenWebShopでは、まだ販売しておりません。
直接弊社=有限会社サギサカ Tel.054-364-1131 までお問い合わせください。


kelpak66.jpg

原料となる海藻エクロニア・マキシマに含まれるオーキシン様物質(植物ホルモン)により、発根が促進されます。
SavegreenWebShop価格 4,950円(税込み)

ケルパック66を多孔質天然鉱石に吸着させた、「ケルパック66 ウェット粒剤」もあります。
DSC_0073.JPG
SavegreenWebShop価格 2,310円(税込み)


harmozyme.JPG

とうもろこし抽出成分などの植物抽出液が植物の生長点組織の細胞分裂や細胞伸長に刺激を与え、根張りを良くします。
SavegreenWebShop価格 9,166円(税込み)


SGKB000015.jpg

グリオクラディウム菌が、根の周りを包み込み、根の内部に入り込み共生するVA菌根菌は、根にリン酸やミネラル、水分の供給を行います。二つの微生物が作物に及ぼす影響は「根張りの向上」「健全な根の成長」「リン、ミネラル欠乏症の改善」など数多くの効果が確認できます。
SavegreenWebShop価格 6,160円(税込み)


菌根菌が続きます。

Drichigo.jpg

VA菌根菌が植物の根と共生し、肥料(特にリン酸)、水、ミネラルを吸収・供給し根の働きを助けます。
Dr.キンコンイチゴ用superは、特にイチゴとの相性の良い菌株が選抜配合されています。
SavegreenWebShop価格 4,950円(税込み)


またまた菌根菌

DSCN7023.JPG

根圏では、オーレス菌(有用菌、放線菌、糸状菌)が良い根圏環境を作り、根の内部にはVA菌根菌が入りこんで、リン酸・ミネラル・水分の吸収を促進する、生育促進と病原菌に対する拮抗作用を併せ持った微生物土壌改良材です。発根・生育を促進し、移植後の根張り・活着の良い苗を作ります。
SavegreenWebShop価格 2,420円(税込み)


とりあえず、思い浮かんだ商品をラインナップしてみました。
「で、どれがいいの?」
という質問には、作物やそのステージによってお勧めする商品が変わってきてしまいますので、これ!って一言でいえません。
ごめんなさい。

posted by Joe夢 at 14:56| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月04日

レイミーのAI病害虫雑草診断

日本農薬株式会社が、
「レイミーのAI病害虫雑草診断」というスマートフォン用アプリのリリースを発表しました。
000002806_3.jpg

AIを利用して、画像から病害虫と雑草の種を判別してくれるアプリです。
とりあえずは、水稲用のみのリリースです。今年の秋には葉菜類用もリリース予定の模様。
早速、スマホにインストールして試してみました。

昨年の夏に撮影した画像をスマホから選んでAI診断をタップ。
。。。
出ました。出ました。
2048.jpg

スマホがあれば圃場で病害虫+雑草の確認が出来るのは便利ですね。

posted by Joe夢 at 13:44| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月14日

根の働きを補佐

毎年々々、この時期に紹介しようとしていて、機を逃していた事。


イチゴの母株の植替え時に、Dr.キンコンイチゴ用superを施用することで、株そのものの生育を旺盛にし、ランナーの出を増やす働きがあります。
Dr.キンコン(以下略)に含まれるVA菌根菌は、主にリン酸や水、ミネラル分を効率よく吸収する手助けをすると言われており、そう言われると「栄養成長ではなくて生殖成長に移行してしまうじゃないか」と思ってしまうのですが、そうでもないようなんです。
以前にも同じ事を書きましたが、イチゴの親株にDr.キンコンを接種しますと、ランナーの出方が全く違いました。施用区は地面が見えないくらいにバンバン出ていたのに対し、対照区は地面が見えていたんです。当時はポケベルの時代で、カメラ付きの携帯電話とかを所持しておりませんでしたので、証拠写真が撮れておりません。
メーカーさんで、本圃での試験だけでなく親株施用の効果も、試験成績を出してくれないかな?
↑↑
自分でやる気ゼロ。ww

posted by Joe夢 at 09:39| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする