2018年07月07日

視察

先日、メーカーさんの「技術部会」という研修会に参加して、
ラジコンボートによる、水稲除草剤の散布実演を見学してきました。

ワイズファクトリー社製 ヤンマーで販売してるらしいのですが?
DSCN6669.JPG
DSCN6671.JPG

価格は100万円オーバー。
そんなにするんだ。

移植したばかりの稲の苗を傷つけないように、プロペラボートです。
中央部のタンクにフロアブル剤を投入して、後部から滴下する仕組みです。

DSCN6672.JPG

ただ、自然落下では滴下量のコントロールが出来ないので、エンジンの排気ガスの圧力を利用して、薬液をタンクから押し出すようになっています。
DSCN6672-2.jpg

DSCN6672-3.jpg

DSCN6672-4.jpg

滴下量の調節は、サーボモーターを使ってゴムホースを押さえて行います。
DSCN6684.JPG

薬液が一気に出てしまわなければOK、というおおらかな作り。
フロアブル製剤の水稲除草剤を散布するだけですから、必要にして十分なんですね。

タンクにフロアブル剤をドバドバ投入。10L=500ml/10aで2ha分入ります。
DSCN6670.JPG

水田を滑るように走行。
DSCN6678.JPG

中央部を左右に走る白い帯が、散布されたフロアブル除草剤。
今回は、未発売(既登録)のモーレツフロアブル。
DSCN6680.JPG

動画も撮ったので、

ラジコンボートによる除草剤散布は、無人ヘリコプターや、ドローン(マルチコプター)による散布と違って、事前に申請・許可の必要がないのが強みですね。
散布にあたっても、法律上はオペレータ一人だけ(補助員がいらない)のもメリット。
ですが、現在の機種では、フロアブル剤の散布しか出来ないのがデメリットとなります。

当日、初めてラジコンボートの散布を見て、すぐに挑戦した農家さんの散布風景。
「免許がいらない」というか、「事故っても他に影響を(ほぼ)与えない」のが安心です。
にして、散布作業は楽しそうでした。
下の動画は、YouTubeでは限定公開にしています。

こちらの動画のほうが、フロアブル剤を滴下しているのが判りやすいかな?
posted by Joe夢 at 11:08| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

アブラコバチ?

今日は、いちご育苗期での天敵利用の試験調査をしてきました。

前回調査時に多発していたアブラムシがとても減っていました。
減っていたと言っても、生きているのが減っていて、真っ黒に固まって死んでいるアブラムシが多数いました。

特に多い葉はこんな感じ。
DSC_0070.JPG

黒い点々が全てソレです。

アップにすると、
IMG_20180622_142046.jpg

お尻の方に大きな穴が開いています。
写真を取ることが出来ませんでしたが、ツヤコバチの仲間みたいな蜂が近くにいました。
アブラコバチの仲間のマミー(蛹)のようです。

4月末から定期的に調査していて、アブラバチのマミーはよく見たのですが、アブラコバチのマミーは殆ど見かけませんでした。
(ほとんどってことは、少しはいたってことですが、、、)
この2週間で一気に増えたのですが、前回調査時に、既に産卵・寄生していたのかな?

ここのところ、弊社ネットショップ"SavegreenWebShop"では、ゴッツAボタニガードESが売れています。
アブラムシ類の季節のようです。

梅雨時は、微生物殺虫剤の活躍時でもあります。
微生物殺虫剤のゴッツAやボタニガードはカビ仲間です。
カビの発生が多い梅雨ですので、、ゴッツやボタニも動きやすいんですね。

また、ボタニガードESは、露地栽培でも使えるのが特徴です。
「効果のあるアブラムシ剤がない」って方、ボタニガードESも併用してみてください。



さて、今夜は
トマトソース素麺ソーセージステーキと青シソのせと、豆と野菜のサラダでした。

妻が、素麺にしようか?スパゲッティにしようか?悩んだ結果のコラボレーション。
DSCN6613.JPG

DSCN6609.JPG

posted by Joe夢 at 21:05| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

消泡スプレー「あわナックス」

以前からご紹介している消泡スプレー「あわナックス」


今日、メーカーさんが急にやってきて
「泡の消えるところを動画に撮りましょう。」
ということになりました。

カメラを用意して、バケツを用意して、
バケツに水を入れて、泡立ちやすい展着剤(名前は出すなと言われた。ww)入れて、
泡立て器でガシャガシャガシャ〜〜〜

泡立たないじゃん。。。 (^o^;;

撮り直しです。

で完成したのがコレ↓↓↓

泡、消えきらなかったけれど、しっかり効いてます。

500Lタンクに、4回(約30ml)シュッシュッとすれば十分なんだそうです。
300ml入れなので、1本で100回分。
ちょっと安すぎない?

 awanakkusu.jpg
posted by Joe夢 at 21:20| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

農薬危害防止運動

6/1〜8/31の期間中、農薬危害防止運動が展開されています。

実施事項には、
1 農薬及びその取扱いに関する正しい知識の普及啓発及び運動の総括
2 農薬による事故を防止するための指導等
3 農薬の適正使用等についての指導等
4 農薬の適正販売についての指導等
5 有用生物や水質への影響低減のための関係者の連携
と記載されています。

農薬使用者、販売者の皆様、より一層の安全使用に努めていただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

また、本年度、実施要項に新たに加わった項目があります。

4 農薬の適正販売についての指導等に、
(5)インターネットを利用した農薬の販売に対する指導
インターネットによる通信販売やオークション等の普及に伴い、農薬販売においても、販売の届出を行うことなく農薬を販売したり、小分けした農薬を販売したりする不適切な事例が確認されている。このため、国からインターネットによる通信販売やオークション等を主催している者に対し、農薬を販売する場合は届出が必要であること、小分けした農薬を販売してはならないこと等を利用者に周知するよう働き掛けを行っているところであり、地方公共団体においても、農薬販売者の届出に関するwebページに掲載する等、様々なメディアを通じて幅広く周知すること。さらに、毒劇物たる農薬については、その譲渡に当たっては、譲受人の身元並びに毒劇物の使用目的及び使用量が適切なものであるかを十分確認するとともに、一般消費者への販売等を自粛するよう指導すること。

の文言が加わりました。

当ページをご覧になられている皆様は、比較的インターネットの利用が多い方々と思われます。
もし、ご自身が購入された農薬を、転売・譲渡される場合には、県(お近くの農林事務所)への農薬販売の届け出が必要になりますので、ご注意ください。
また、農林事務所に確認しましたところ、特定農薬(重曹、食酢、土着天敵など)を、防除目的で販売する場合も、農薬販売者の届け出が必要になるそうです。

詳しくは、お近くの農林事務所へお問合せ頂ますようお願いします。

2018危害防止運動ポスター.jpg
posted by Joe夢 at 21:05| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

被覆資材の補修テープ


hosyuking01.jpg

20m巻の箱入りタイプの販売をはじめました。

アクリル系の粘着剤を使用しているため、貼付け後に糊がベタベタしにくくなっています。

ビニールやPOフィルムの補修だけでなく、
温風ダクトの補修、
肥料袋の補修、
フィルム止めスプリング部の補強にも使えます。

hjosyuking05.jpg

おひとついかが?
posted by Joe夢 at 16:19| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする