2021年04月10日

ご迷惑をお掛けいたしております。欠品中です。

2021/4/10現在、土壌消毒、ハウス内消毒剤の「キルパー」が欠品しております。
メーカーからの入庫は、4月15日頃と聞いております。
ご迷惑をお掛けしてたいへん申し訳ありません。

kirupa.jpg

また、「レディヒート」も在庫が1本だけになってしまっております。
こちらは、4/20頃入庫見込みです。

DSCN6999.JPG

重ねてお詫び申し上げます。
ネットショップ上での注文が出来ない状態になっておりますが、
お問合せを欄より、ご予約を戴くことは可能です。
ご予約頂きましたお客様には入庫次第ご案内申し上げます。

んで、
先日のひとしな。
油揚げとチンゲンサイのゴマ油炒め。
356199.jpg

どこで知ったのか?
妻が作ってくれました。
肴や箸休めにいいですよ。
posted by Joe夢 at 13:46| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月13日

ホリバーロール

ホリバーロール(ブルー)入荷しました。

DSC_0007.JPG

以前は、黄色と同じ150m巻きだったのですが、新しい商品は100m巻きになりました。
スリップス類の捕殺にご活用ください。

※ホリバーシリーズ全商品に共通している事なのですが、捕殺用の糊がたっぷり付いています。
 なので、とてもベトベトしています。
 また、ホリバーロールは簡易パッケージなので、袋の表面もベタベタ感があるのをご承知ください。

こちらはイエロー150m巻
DSC_0003.JPG


さて、この間の肴は、
自然薯とオクラの天ぷら。
30885.jpg

妻が直径1cmくらいの細い自然薯を貰ってきてくれたので、天ぷらをリクエストしました。
あらじおを掛けて、楽しみました。
posted by Joe夢 at 14:17| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月06日

レイミーのAI病害虫雑草診断

お久しぶりでございます。
暦では既に春。
新年になってはじめての投稿です。(^o^;
本年も、拙ウェブログを、よろしくお願い致します。

昨年4月にご紹介いたしました、日本農薬株式会社から提供されている
「レイミーのAI病害虫雑草診断」
リリース当初は水稲版のみで、秋に葉菜類にも拡大されるとされていましたが、年が改まってから発表されました。
(無料アプリなので、文句なんて言えません。)


今回は、キャベツ、レタス、はくさい、ブロッコリーとねぎが追加されました。

また、「今回、本アプリが病害虫雑草を診断できる対象作物が拡大したことに加え、新しい機能として、診断履歴を航空写真の地図上に表示する機能や、最大 5 枚までの写真を同時に AI 診断する機能なども実装しております。」と発表されております。

より、たくさんの作物に対応していくといいですね。
レイミー_0001.jpg

レイミー_0002.jpg
posted by Joe夢 at 13:23| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月14日

イチゴ苗定植前の薬剤浸漬

サフオイル乳剤が9月9日付けで適用拡大されました。

いちごの使用方法に300倍、2〜10秒苗浸漬が追加され、
野菜類(トマト、ミニトマトを除く)が、野菜類(いちご、トマト、ミニトマトを除く)となりました。
また、花き類・観葉植物(きくを除く)が追加されました。

suffoil001.jpg

で、いちごの苗浸漬なのですが、
メーカーさんに聞きましたら、
「地際部より上だけを浸漬し、根部には付着しないようにしてください。」とのことです。

また、浸漬処理に伴い薬害が出る可能性が大とのことでした。
油でガッツリくるんでしまいますので、当たり前って言えば、当たり前ですね。
葉裏が褐変し、葉の縁取るように枯れる場合もあるそうです。
薬害が出るということで嫌われる方も多いと思いますが、卵までしっかり効くことで、定植後のハダニの発生(増加?)を防ぎますので、薬害による成長遅延とハダニ害による遅延を比較した場合、前者のほうが遥かに被害が少ないと考えられます。
(自分で確認していないので、「だろう」とか「らしい」とか「そうです」としか書けません。スミマセン。)

僕は高濃度CO2ガス処理によるハダニ防除をお勧めしていますが、システム導入にかかる費用もそれなりに掛かりますので、サフオイル乳剤の定植前苗浸漬もアリだと思います。メーカーさんの話からすると、中途半端なCO2処理より効果大の模様です。
(高濃度炭酸ガス燻蒸も、そのシステム販売会社によっては適切な指導が為されないために本来の効果が発揮されずハダニの卵が残ってしまい、定植後しばらくしてハダニが多発生してしまうことがままあります。)

天敵のゼロ放飼のためにも、いいかもしれませんね。

夜冷育苗などの早期定植には間に合いませんでしたが、これから定植する栽培で使われる場面が多くなるでしょう。

suffoilbox.jpg


あっ、お買い上げはこちらで。↓↓
https://savegreen.jp/SHOP/SGKB000131.html こちらはお得なケース販売。

posted by Joe夢 at 17:59| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月09日

スパイカルコンボ

皆様、お久しぶりでございます。
ついつい、サボリ気味→サボリっぱなしなブログの更新です。

呑んだ食った的な話は、フェイスブックで上げておりますので、
そちらを御覧ください。


で、久々のブログネタは、いちごの天敵導入への(メーカーさんからの)新提案。
「スパイカルコンボ」のご紹介です。

trio_combo_202007_1.jpg
trio_combo_202007_2.jpg

ボトルタイプのスパイカルEXと、パック製剤のスパイカルプラスを組み合わせて放飼することで、ミヤコカブリダニの分散と増殖のいいとこ取りをしようという企画商品です。
パック製剤だけですと、圃場内での設置個数が限られてしまうことからパックとパックの間が10mほど開いてしまい、その隙間でハダニが増えてしまう危惧があります。かといってパック剤の増殖性は捨てがたい。そんな需要から生まれたらしいですね。
また、「高濃度炭酸ガス処理を行った苗を定植している方にも」と聞きました。

個人的には、従来のスパスパトリオ(スパイカルEX250ml1本+スパイデックス100ml3本)で十分な効果を得られていますので(もちろん導入前のハダニの徹底防除が必要)、どうしてこういう商品が企画されたのか不思議に思っていました。
(スパイカルプラスとリモニカの組合せの方が面白そうなんだけどな。)
メーカーさんに理由を聞いたら、「ふ〜〜〜ん。そうだったんだ。」的なブログでは書けない話を教えていただきました。

価格は、2020年12月まではEXとプラスを別々に買うよりもかなり安く提供できそうです。
ただし、チリカブリダニが入っていいませんので、「ゼロ放飼が徹底できている圃場」限定になります。
一般的にはスパスパトリオをおすすめします。

アリスタライフサイエンス(株)のウェブページでは、「10月1日から販売します。」と書かれていますが、火曜 or 金曜日納品になるでしょうから、実際は10月2日からですね。


で、昨夜の夕飯は、キャベツのトロトロ煮込み。
キャベル、人参、玉ねぎににんにくを、圧力鍋でシュッシュと20分以上。
ドロドロにはならなかったけれど、トロトロです。
使える肉が冷蔵庫内にソーセージ2本しかなかったので、溶き卵で蛋白質を増量。
彩りに、水菜をのせました。

0609243.jpg
posted by Joe夢 at 15:44| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする