2020年06月20日

根張りアップ

根張りを良くする(期待できる)肥料・資材の一覧を作ってみました。

発根比較1.jpg
発根比較2.jpg

植物そのものに直接働きかけて根を伸ばすもの。
環境を整えることで、結果的に根が伸びるもの。
根の働きを補完してくれて、値が増えたと同じになるもの。

てなことです根。

gungun.JPG

植物の生理が活性化しホルモン(主にオーキシン)が内生することで発根を促し、根の活性が高められます。
SavegreenWebShop価格 5,808円(税込み)


DSCN5114.JPG

作物に害を及ぼさず、生育が旺盛なトリコデルマ菌(善玉菌)を根の周りの栄養素を使って増殖させることで、害のある微生物の増殖を抑え、作物の生長を促します。
SavegreenWebShop価格 9,065円(税込み)


鉄力あぐりB12
b12n.png

土壌中に存在する3価の鉄を、植物は自らエネルギーを使って、2価鉄に還元してから根に取り込んでいます。2価鉄イオンを直接供給することで、エネルギー消費が抑えられて根が伸長します。
栽培期間が短い作物用に、鉄力あぐりB10 15kgもあります。

この商品はSavegreenWebShopでは、まだ販売しておりません。
直接弊社=有限会社サギサカ Tel.054-364-1131 までお問い合わせください。


kelpak66.jpg

原料となる海藻エクロニア・マキシマに含まれるオーキシン様物質(植物ホルモン)により、発根が促進されます。
SavegreenWebShop価格 4,950円(税込み)

ケルパック66を多孔質天然鉱石に吸着させた、「ケルパック66 ウェット粒剤」もあります。
DSC_0073.JPG
SavegreenWebShop価格 2,310円(税込み)


harmozyme.JPG

とうもろこし抽出成分などの植物抽出液が植物の生長点組織の細胞分裂や細胞伸長に刺激を与え、根張りを良くします。
SavegreenWebShop価格 9,166円(税込み)


SGKB000015.jpg

グリオクラディウム菌が、根の周りを包み込み、根の内部に入り込み共生するVA菌根菌は、根にリン酸やミネラル、水分の供給を行います。二つの微生物が作物に及ぼす影響は「根張りの向上」「健全な根の成長」「リン、ミネラル欠乏症の改善」など数多くの効果が確認できます。
SavegreenWebShop価格 6,160円(税込み)


菌根菌が続きます。

Drichigo.jpg

VA菌根菌が植物の根と共生し、肥料(特にリン酸)、水、ミネラルを吸収・供給し根の働きを助けます。
Dr.キンコンイチゴ用superは、特にイチゴとの相性の良い菌株が選抜配合されています。
SavegreenWebShop価格 4,950円(税込み)


またまた菌根菌

DSCN7023.JPG

根圏では、オーレス菌(有用菌、放線菌、糸状菌)が良い根圏環境を作り、根の内部にはVA菌根菌が入りこんで、リン酸・ミネラル・水分の吸収を促進する、生育促進と病原菌に対する拮抗作用を併せ持った微生物土壌改良材です。発根・生育を促進し、移植後の根張り・活着の良い苗を作ります。
SavegreenWebShop価格 2,420円(税込み)


とりあえず、思い浮かんだ商品をラインナップしてみました。
「で、どれがいいの?」
という質問には、作物やそのステージによってお勧めする商品が変わってきてしまいますので、これ!って一言でいえません。
ごめんなさい。

posted by Joe夢 at 14:56| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月04日

レイミーのAI病害虫雑草診断

日本農薬株式会社が、
「レイミーのAI病害虫雑草診断」というスマートフォン用アプリのリリースを発表しました。
000002806_3.jpg

AIを利用して、画像から病害虫と雑草の種を判別してくれるアプリです。
とりあえずは、水稲用のみのリリースです。今年の秋には葉菜類用もリリース予定の模様。
早速、スマホにインストールして試してみました。

昨年の夏に撮影した画像をスマホから選んでAI診断をタップ。
。。。
出ました。出ました。
2048.jpg

スマホがあれば圃場で病害虫+雑草の確認が出来るのは便利ですね。

posted by Joe夢 at 13:44| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月14日

根の働きを補佐

毎年々々、この時期に紹介しようとしていて、機を逃していた事。


イチゴの母株の植替え時に、Dr.キンコンイチゴ用superを施用することで、株そのものの生育を旺盛にし、ランナーの出を増やす働きがあります。
Dr.キンコン(以下略)に含まれるVA菌根菌は、主にリン酸や水、ミネラル分を効率よく吸収する手助けをすると言われており、そう言われると「栄養成長ではなくて生殖成長に移行してしまうじゃないか」と思ってしまうのですが、そうでもないようなんです。
以前にも同じ事を書きましたが、イチゴの親株にDr.キンコンを接種しますと、ランナーの出方が全く違いました。施用区は地面が見えないくらいにバンバン出ていたのに対し、対照区は地面が見えていたんです。当時はポケベルの時代で、カメラ付きの携帯電話とかを所持しておりませんでしたので、証拠写真が撮れておりません。
メーカーさんで、本圃での試験だけでなく親株施用の効果も、試験成績を出してくれないかな?
↑↑
自分でやる気ゼロ。ww

posted by Joe夢 at 09:39| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月10日

38年

アプロード水和剤。
今更ながら、アプロード水和剤をネットショップにアップしました。


アプロード水和剤は、農薬登録を取得してから、もう38年にもなるんですね。
確かに入社したての頃に、アプロードの説明を受けた記憶があります。
「昆虫成長制御剤IGR」という言葉を初めて聴きましたし、
アプロードの原体ブプロフェジンの作用としては、
「幼虫の脱皮阻害だけでなく、羽化24時間以内の成虫に掛かると産卵抑制や孵化阻害作用がある。」
と併せて、
「その作用をイジって人用の避妊薬が出来ないか研究中」とも。←これは冗談だったのかな?
なんて話も。。。

さて、そのアプロード水和剤なのですが、
その後に、アプロードフロアブル、アプロードエースフロアブルが上市されて、水和剤の利用が激減しています。
が、かきのカイガラムシ類の登録が、フロアブル剤には無く水和剤のみなんですね。

というわけで、
かきの発芽前に、マシン油乳剤や機能性展着剤との混用で散布、発芽後(4月上旬)の散布でカイガラムシ類の防除に
アプロード水和剤の需要があるわけです。

静岡県内には、かきの大産地という産地はありませんが、富士宮市、長泉町にはそこそこの面積がありますし、かきの樹は農家さんの庭には必ずと言っていいほど植わっています。
かきにカイガラムシが見えてきたら、「アプロード水和剤」の出番です。


で、数日前の夕飯の画像なのですが、
近所の親方にタケノコを頂きまして、妻に新たけのこパスタを作ってもらいました。
リンゴのように見えるけれど、タケノコです。(笑)
75んちイキノビタ。
posted by Joe夢 at 16:48| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月07日

謹賀新年

新年 明けましておめでとうございます。

本年も、拙ブログをご贔屓のほど、

よろしくお願い申し上げます。

などと、1月7日になってからアップしております。
もうちょっと頻度を上げられるよう、なんとかせねば、、、
posted by Joe夢 at 09:12| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする